在宅医療へのこだわり

日本一在宅医療

image地域に根差し、新生児から高齢者、またはその家族が地域で安心して生活ができる環境を創る。これこそが容生会の特徴であり、目標であり、理想です。
かつて、理事長が大学病院に勤めていた頃、とある往診の依頼をいただきました。
通院することができず、暗い部屋の中に寝たきりでいた患者様の存在に衝撃を受けました。
そういった方々にも常に適切な医療を提供できるようにしたいとの思いから、外来診療だけでなく、寝たきりの高齢者や癌終末期の患者さまも対象とした在宅医療の強化に努めてまいりました。
image 年中無休で24時間の医療サービスを提供可能な体制を整え、在宅でありながら高度な医療サービスを提供することが可能になりました。その結果として、日本一の受け持ち在宅患者数実績を持つに至りました。 今後も、クリニックの専門医とともに「専門性を重視した医療を在宅で提供する」ことを目標に、訪問診療の充実を目指し、後方病院や訪問看護部門、介護支援専門員とともに「医療」「介護」の連携を図り、患者さまやご家族さまの立場に立った医療の充実に向けて全力で取り組んでまいります。

在宅介護

image乳幼児から高齢者、またその家族さまが地域で安心して生活ができる環境をつくるという私たちの理念を実現するためにも、開業当初から、医療と介護は切り離せない関係にあると考えていました。
平成10年に訪問看護ステーションアイリスを開業し、それ以降も「居宅介護支援事業所」「通所介護」「通所リハビリ」等、在宅介護サービスの拡充を図ってまいりました。私たちは、医療や介護は単体のものではなく、医療があっての介護、介護があっての医療であり、二つは同じくらいの重要性があると考えています。
「医療・介護と福祉の街づくり」を実現するためにも、医療のみならず在宅介護の一層の強化を行ってまいります。     

在宅ホスピス

image「在宅ホスピス」とは末期の方が人生の最期を住み慣れた家で家族と過ごすための医療です。現在でこそ厚生労働省より、医療・介護の地域完結という方針が盛んに発信されるようになりましたが、私たちは法人スタート当初から医療と介護の連携を図り続け、それを目指してまいりました。

「在宅医療部」と「訪問看護」の設置により、24時間365日在宅でも医療ケア・介護ケアを提供可能な体制を整えております。 現在は単純な医療と介護の連携の範疇を超え、在宅での終末医療から看取りまで、容生会の中で全てが完結できるほどになりました。

今後も「医療・介護と福祉の街づくり」をかかげ、地域の方に安心して生活を送っていただけるよう医療と介護のネットワークをより強化していきたいと考えております。

入居施設

image容生会では「住み慣れたご自宅での生活を少しでも長く続けていただきたい」という思いで、在宅診療を積極的に行ってまいりました。
その結果、日本一の受け持ち在宅患者数実績を持つ法人となりました。しかし、それと同時に、ご自宅で医療・介護両面の見守りを継続的に行うことの限界も知ることになりました。ご自宅での生活を少しでも長く続けていただきたい。
しかし、在宅での医療・介護サービスの提供には限界がある…

そんなジレンマに陥った私たちのたどり着いた答えは、「住宅」でありながら、且つ継続的に見守りを行える「安心な場所」としての介護付有料老人ホーム「ようせいメディカルヴィラ」、サービス付き高齢者向け住宅「ようせいメディカルコート」の運営でした。

医療サービスが必要になっても安心して暮らすことができる。介護のプロが24時間常駐し、ナースコールで安心の見守りを行いながらも、お一人お一人のライフスタイルを尊重し、笑顔の毎日をサポートできる。笑顔が溢れ、安心して暮らすことのできるまったく新しいタイプの“家”を創ることができたのではないかと考えています。     
PAGETOP